憲法9条が戦争を放棄し戦力の保持と交戦権を否認した理由

スポンサーリンク

憲法9条はその第1項で「自衛戦争も含めたすべての戦争」を放棄し、その第2項で「陸海空軍その他の戦力」の保持と「交戦権」を否認しています。

【日本国憲法9条】

第1項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

つまり憲法9条は日本国という国家に対して「戦争を放棄しろ」「軍備を持つな」「交戦権を否認しろ」と要求しているわけですが、世界の常識からすれば、国の安全保障は武力(軍事力)によって確保するのが普通ですから、憲法9条は世界の常識に反して国の安全保障を放棄しているようにも思えてしまいます。

ではなぜ、憲法9条はあえて「戦争放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」という3つを規定して世界でも類を見ない平和国家、非武装国家になることを日本国という国家に対して求めているのでしょうか。

明治憲法(大日本帝国憲法)では「軍」を組織して国の安全保障を確保していたにもかかわらず、現行憲法である日本国憲法が積極的に「軍」を放棄する9条を制定した意図が問題となります。

スポンサーリンク

憲法9条が「戦争放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」を規定した理由

憲法9条の条文を理解する場合、憲法9条の文章を読むだけではその神髄は理解できません。なぜなら憲法9条は憲法前文で宣言された日本国憲法の基本原理である平和主義を具現化するための規定だからです。

日本国憲法は、第二次世界大戦の反省に立ち、前文において、「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意」し、そのために人類普遍の原理としての立憲主義にコミットすると同時に、さらに平和主義の理想を掲げ「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに存在する権利を有することを確認」し、国際社会と協調してかかる理想の実現に向かうことを宣言した。この平和主義と国際協調主義の理念は、憲法本文においては、九条の戦争放棄と九八条二項の国際法規遵守義務の規定に具現化されている。

※出典:高橋和之「立憲主義と日本国憲法」放送大学教材304~305頁より引用

ですから、憲法9条がなぜ「戦争放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」という3つを規定して積極的に軍備を全廃することになったのかという点を考える場合も、憲法の基本原理である平和主義の思想を出発点にして議論を始めなければなりません。

ではなぜ、日本国憲法は基本原理として平和主義を採用し、憲法9条で積極的に軍備を全廃したのでしょうか、検討してみましょう。

(1)憲法の基本原理である「平和主義」とは

憲法の基本原理(基本原則)は国民主権・基本的人権の尊重・平和主義の3つとされていますが、そのうち平和主義は憲法の全文に規定されています。

憲法前文の前半部分では「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意」と述べることで、「戦争を放棄」することを宣言していますが「再び」と述べられていますので、その戦争を放棄した理由が先の戦争、つまり満州事変から対中戦争、対米戦争へと戦火を拡大した太平洋戦争(第二次世界大戦)にあることが分かると思います。

【日本国憲法:前文※前半部分のみ抜粋】

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。(以下省略)

明治憲法(大日本帝国憲法)には「軍」の規定が置かれていたため国を守るための方法(国防)はもっぱら「軍事力」に委ねられていました。

その結果が先の戦争です。先の戦争では「自衛戦争」の名の下に日本だけではなく周辺諸国に多大な犠牲を強いることになってしまいましたから、その反省から現行憲法の日本国憲法では二度とそのような戦争を繰り返さないように「戦争を放棄」することを「決意」したわけです。

つまりこれが日本国憲法の平和主義の理念と言えます。

先の戦争のような悲劇を二度と繰り返さないようにするために、侵略戦争だけでなく自衛戦争をも含めたすべての戦争を放棄して平和に徹するところに、日本国憲法の平和主義の神髄があると言えます。

(2)平和主義を実現するには国際協調主義に立脚した国政運用が必要

このように、日本国憲法の平和主義は侵略戦争だけでなく自衛戦争を含めたすべての戦争を放棄し平和に徹することを求めていますが、その平和主義を実践するのは容易ではありません。

いくら日本が「我が国は自衛戦争も放棄して平和に徹することに決めたぞ!」と宣言したとしても、他国が平和を守ってくれなければ日本が戦争に巻き込まれる危険性を排除できないからです

では、その問題を憲法がどのように考えているかと言うと、それが憲法前文で宣言された「国際協調主義」の思想です。

憲法前文では、その後半部分で「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と述べられていますから、日本が国際的に中立的な立場から世界各国と信頼関係を築き、その他国との信頼関係のうえで外交的な紛争や対立の解決を図ろうと考えていることが分かります。

【日本国憲法:前文※後半部分のみ抜粋】

(中略)…日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。(以下省略)

つまり、他国との間に生じた紛争や対立を武力(軍事力)ではなく、他国との間で構築した信頼関係を基にした外交や国際的な提言によって解決しようというのが国際協調主義の根底に流れる思想と言えます。

明治憲法(大日本帝国憲法)では国際的な紛争の解決手段が最終的には武力(軍事力)によって確保されようとしましたが、その結果が先の戦争の敗戦です。

先の戦争では300万人を超える強大な陸軍とアメリカに次ぐ世界第二位の海軍、当時の世界最高峰の最新鋭戦闘機(ゼロ戦)と実践経験豊富なパイロットを多く保持しながら結局日本は武力(軍事力)によって国の安全保障を確保することはできませんでした。

先の戦争で強大な軍事力をもってしても国の安全保障を確保することができなかったわけですから、いくら強大な軍事力を保持していたとしても総力戦になれば軍事力を背景にした国の安全保障施策が機能しないのは明らかです。

そのため新憲法(現行憲法)では、武力(軍事力)とは違ったアプローチで国家の安全保障が求められたわけです。

先の戦争による敗戦で、武力(軍事力)による安全保障のアプローチが失敗だったことに気付いたので、現行憲法ではそれとは違ったアプローチとして国際社会で中立的な立場から他国との間に信頼関係を構築することで紛争を解決することに確信を置いた国際協調主義に立脚することを宣言しているのです。

(3)国際協調主義に立脚するには軍備の保有と交戦権が邪魔になる

このように、日本国憲法は先の戦争の反省から自衛戦争も放棄して平和に徹する「平和主義」をその基本原理としていますが、その平和主義の理念を実現するためには国際協調主義の立場に立脚して国際的に中立的な立場から他国との間に信頼関係を築くことが何より不可欠であると考えていることが分かります。

しかし、日本が憲法で平和主義に徹することを宣言し、他国との間に信頼関係を築く国際協調主義に立脚することを決意したとしても、他国が日本との信頼関係を受け入れてくれるとは限りません。

日本が他国に「日本を信頼してください!」と頼んでも、他国から「口ではそう言ってるけどまた昔みたいに侵略戦争してくるんだろ?」と思われてしまえば、他国との間に信頼関係を築くことはできないからです。

では、他国から「日本は侵略してこない」と信頼してもらうためにどうすればよいでしょうか。他国から「日本が侵略して来ることは二度とないから日本と信頼関係を築いても安心だ」と思ってもらえる一番確実な方法は何でしょうか。

それはもちろん、日本が憲法で自衛戦争も放棄して平和に徹することを宣言するだけではなく、軍備を撤廃し交戦権も放棄してしまうことです。

日本が軍備を全廃し、国家としての交戦権も放棄してしまえば、たとえ日本の指導者が他国を侵略したいと思っても他国を侵略することは事実上不可能になります。国に軍備もなく交戦権も放棄してしまえば戦争したくてもできないからです。

日本が積極的に軍備を全廃し交戦権を否定してしまえば、「日本が侵略してくるんじゃないか?」と疑問を持っている他国もその疑念を払しょくして日本との信頼関係の構築に協力してくれることが期待できます。

だからこそ憲法は全文で戦争を放棄することを誓って「平和主義」を基本原理として宣言するだけではなく、9条という条文を作ってそこに「戦争放棄」と「戦力の不保持」と「交戦権の否認」を明記しているのです。

つまり、他国との間に信頼関係を築くためには「軍備の所持」や「交戦権」が邪魔なのです。国際協調主義に立脚して国の安全保障を確保するためには他国から信頼される必要がありますが、他国から信頼されるためには「軍事力」が邪魔なので9条でそれらを放棄しているのです。

憲法は、憲法前文で宣言した「平和主義」を実現するためには「国際協調主義」に立脚することが何より必要だという確信を持っていて、その国際協調主義を確実に履行するためには「軍備の保持」と「交戦権の行使」が邪魔なので、憲法9条に「戦争放棄」と「戦力の不保持」と「交戦権の否認」の3つを規定して日本国という国家に対し「戦争を放棄しろ」「戦力を持つな」「交戦権を否認しろ」と義務付けているわけです。