96条(改正の手続とその交付)

スポンサーリンク
96条(改正の手続とその交付)

国民投票の最低投票率導入で「民意のパラドックス」は生じるか

このページでは、国民投票法に「最低投票率制度」を導入するにあたって「民意のパラドックス」を理由とした反対意見が成立しないという点について論じています。
54条(衆議院解散/参議院緊急集会)

憲法を改正するなら衆議院を解散して総選挙しないといけない理由

このページでは、政府が憲法改正案を国会に提示して発議するのであれば、その前に衆議院を解散し具体的な憲法改正案を国民に提示して「その憲法改正案を国会で発議してよいか」という内容を争点とした総選挙を実施し国民の信を問わなければならない理由について論じています。
54条(衆議院解散/参議院緊急集会)

憲法改正案の発議に国会の決議が要求されている理由

このページでは、憲法改正手続を規定した憲法第96条において憲法改正案の発議に「国会の決議」が求められている理由と意義について論じています。
96条(改正の手続とその交付)

憲法の改正手続で国民投票による承認が求められている理由

このページでは、憲法改正手続を規定した憲法第96条が憲法改正の是非に関する最終的な判断を国民投票という直接民主制に委ねている理由について論じています。
憲法前文

憲法改正手続で国会は「憲法改正案を発議するだけ」なのか

このページでは、憲法改正手続で国会の役割は「憲法改正案を発議するだけ」だから総選挙で民意を問う必要はないという主張が国民主権の基本原理を無視した愚かな主張である理由について論じています。
96条(改正の手続とその交付)

憲法96条が憲法改正に国会発議と国民投票の2つを求めている理由

このページでは、憲法改正手続きを規定した憲法第96条が憲法改正案を発議するために「国会の審議と議決」を要求しているだけでなく、その改正案の承認に「国民投票」をも必要とするという2段構造になっている理由について論じています。
59条(法律案の議決/衆議院の優越)

憲法改正案の国会発議に総議員の3分の2の賛成が求められる理由

このページでは、憲法改正手続きを規定した憲法第96条が憲法改正案の発議について「各議院の総議員の3分の2」という厳しい要件を設定している理由について論じています。
憲法前文

憲法の三原則(基本原理)はなぜ改正できないのか

このページでは、日本国憲法の三原則(基本原理)となる国民主権・基本的人権の尊重・平和主義に関する規定がなぜ改正できないのかという点について論じています。
96条(改正の手続とその交付)

憲法を「時代に合わせて」改正するとファシズムや差別を招く理由

このページでは「時代に合わない憲法は改正すべき」「社会の変化に応じて憲法を改正するべき」という主張が本来的にファシズムや極右思想、差別を包含している危険があることについて論じています。
96条(改正の手続とその交付)

憲法は何を目的として改正されるべきなのか

このページでは、憲法とは何を目的として改正されるべきものなのか、憲法改正の目的について論じています。
スポンサーリンク