21条(集会/結社/表現の自由)

広告
21条(集会/結社/表現の自由)

行政不服審査や訴訟の権利が保障されれば人権侵害も許されるのか

このページでは、国が政策的な判断で法律を運用し国民の人権を侵害しておきながら「不服があるなら訴えればいいだろ」と開き直り憲法尊重擁護義務を無視し続ける政治家について論じています。
21条(集会/結社/表現の自由)

ジャーナリストの出国を禁止する旅券返納命令が違憲となる理由

このページでは、外務大臣(政府)が旅券法を恣意的に運用してジャーナリストに旅券の返納命令を行い出国を禁止する処分が憲法で保障された基本的人権を侵害する違憲性のある行為と言える点について論じています。
13条(個人の尊重・幸福追求権)

面白いお笑い番組を作れないのがコンプラ強化と関係ない理由

このページでは「コンプライアンスが厳しくなったから面白い番組を作れない」と主張するお笑い芸人たちが差別や人格権の侵害を助長しているという事実について論じています。
21条(集会/結社/表現の自由)

本名を公開しないなら人を批判するな…が民主主義を破壊する理由

このページでは「匿名アカウントで人を批判(非難)するな!」と声高に叫ぶ著名人や有名人やタレントが民主主義を破壊しているという点について論じています。
21条(集会/結社/表現の自由)

有名人が「匿名アカウントで人を批判するな」と言いたがる理由

このページでは、著名人や有名人やタレントなどが「匿名アカウントで人を批判(非難)するな!」とSNSで言いたがる理由について論じています。
11条(基本的人権の享有)

匿名アカウントで人を批判するのが全く悪くない5つの理由

このページでは「匿名アカウントで人を批判(非難)するな!」という意見が失当である理由を5つ厳選して論じています。
11条(基本的人権の享有)

匿名アカウントでの批判は自分を安全圏に置く卑怯な行為なのか

このページでは「本名を公開せずに人の意見を批判(非難)するのは卑怯だ」という著名人や有名人やタレントの主張が、名もなき市民の声を黙らせるための詭弁であり言論の自由を侵害する危険思想であることについて論じています。
11条(基本的人権の享有)

他人を批判するには相応の覚悟と責任が必要…が間違っている理由

このページでは、他人の意見を批判(非難)するのに「覚悟」や「義務」や「責任」は必要になるのか、という点について憲法で保障される「表現の自由」と絡めて論じています。
13条(個人の尊重・幸福追求権)

お笑い芸人の「ハゲ・デブ・ブス」は表現の自由で保障されるか

お笑い芸人の「ハゲ」「デブ」「ブス」「ブサイク」などという他人の身体的特徴を揶揄する発言は表現の自由として保障されるのでしょうか。幸福追求権との対比において論じてみます。
12条(自由/権利の保持と濫用禁止)

「#ケチって火炎瓶」トレンド操作疑惑に見る憲法改正案の危うさ

このページでは、2018年の夏にツイッター上で発生した「#ケチって火炎瓶」お祭り騒ぎ事件と言論の自由、表現の自由の問題について解説しています。
広告