大浦崑

広告
96条(改正の手続とその交付)

国民投票の最低投票率導入で「民意のパラドックス」は生じるか

このページでは、国民投票法に「最低投票率制度」を導入するに当たって「民意のパラドックス」を理由とした反対意見が成立しないという点について論じています。
憲法の制定過程

日本国憲法は「占領軍に銃剣を突きつけられて」制定されたのか

このページでは、いわゆる「押しつけ憲法論者」の言う「日本国憲法は占領軍に銃剣を突き付けられて制定されたものだから無効だ」という主張が取るに足らない幼稚な詭弁であることについて論じています。
憲法の制定過程

日本国憲法はハーグ陸戦条約に違反している…が嘘と言える理由

このページでは、いわゆる「押しつけ憲法論者」の「日本国憲法はハーグ陸戦条約違反だ」という主張が明らかに嘘と言える理由について論じています。
憲法前文

憲法9条を改正し自衛隊を明記すれば兵器の輸出が合憲になる理由

このページでは、憲法9条を改正して憲法に自衛隊を明記するだけで武器(兵器)の輸出が無制限に拡大されてしまう問題について論じています。
憲法前文

武器・兵器の輸出が日本国憲法で違憲と解釈される理由

このページでは、なぜ日本国憲法の下では武器(兵器)の輸出が憲法上「違憲」と考えられるのかという点について「武器輸出三原則」と絡めて論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条を改正して自衛隊を明記すると何がどう変わるのか

このページでは、自衛隊を憲法9条に明記すると自衛隊はどうなるのか。憲法改正で自衛隊や国民の権利義務、国の方針等に具体的にどのような変化が生じうるのかという点について論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

自衛隊を憲法に明記するだけで集団的自衛権が合憲となる理由

このページでは、憲法9条を改正して憲法に自衛隊を明記するだけで集団的自衛権が憲法解釈上論理的に「合憲」と解釈されることになる理由について簡単に論じています。
憲法道程の問題点

2019年にユニークな発言をした人たちとその概要一覧

このページでは、2019年にユニークな発言で物議を醸してくれた有名人とその発言の要旨についてまとめています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

集団的自衛権が日本国憲法で違憲と解釈されている理由

このページでは、集団的自衛権の行使がなぜ現行憲法で違憲と考えられているのかその理由について論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

砂川判決が集団的自衛権を合憲と判示した…が嘘と言える理由

このページでは、砂川判決が集団的自衛権を合憲と判断したという主張が司法判断を恣意的に捻じ曲げた傍論と言えることについて論じています。
広告