9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

広告
憲法の制定過程

「侵略戦争しないから9条は改正してもよい」が間違っている理由

憲法9条の改正に賛成する人の中には「日本は侵略戦争するわけじゃないから9条は改正してもよい」と主張する人がいますが、この意見は憲法9条の改正を正当化する理由としては成立しません。なぜなら、古今東西の「侵略戦争」は「自衛戦争」の名の下に行われているからです。
憲法の制定過程

憲法9条の戦争放棄と戦力不保持が日本人のオリジナルである理由

憲法9条はアメリカやマッカーサーの押し付けではありません。なぜなら日本政府がGHQ草案の提示を受ける前に松本委員会で「戦争放棄・戦力不保持・交戦権の否認」の3つの理念を議論していたことが国会図書館の公文書で立証されるからです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条を改正しなくても自衛隊の存続が許される理由

憲法9条が基礎とする積極的な平和主義は自衛隊の存在を許容しませんが、仮に憲法9条の改正がなされなかったとしても自衛隊が直ちになくなるわけではありません。なぜなら、「事情判決の法理」の手法を用いて理解すれば憲法9条をそのままにしても自衛隊を今のまま運用することは理論的に矛盾しないからです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

「自衛隊がなくなれば尖閣諸島を取られるぞ」が暴論である理由

憲法9条の改正に賛成する「改憲論者」は改正に反対する「護憲論者」に対して「自衛隊がなくなれば尖閣諸島を取られるぞ」と言いたがりますが、これははっきり言って暴言です。なぜなら、そのような危機を招いた張本人が憲法9条の改正に賛成する「改憲論者」の側にあるからです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

政府が憲法9条を「消極的な平和主義」と捻じ曲げて解釈する理由

憲法9条1項の「平和主義」は憲法「前文」で表明される「積極的な平和主義」を基礎とするものと解されていますが、政府や一部の改憲論者はことさらに憲法9条の平和主義を「消極的な平和主義」と解釈しそう国民にアナウンスしています。では憲法9条の平和主義をあえて「消極的な平和主義」と捻じ曲げて解釈する意図はどこにあるのでしょうか?
憲法前文

憲法9条が「単なる非武装中立・無抵抗主義」ではない理由

憲法道程の皆さんには憲法の9条は「平和主義」と一般に理解されているようですが、それは何も「非武装中立」や「無抵抗主義」を短絡的に意味するものではありません。なぜなら、憲法9条の「平和主義」は「消極的」な平和主義」ではなく憲法の「前文」によって表明される「平和を実現するために武力(軍事力)以外の積極的な行動をとるべきことを要請している積極的な平和主義」を基礎とするものだからです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

自衛隊はなぜ「違憲」なのか?

自衛隊が憲法上「合憲」か「違憲」かという点については、最高裁の判例では明確にその憲法適合性が判断されておらず、政府の解釈でも「合憲」とされていますので一応は「合憲」ということになっています。しかし、通説で常識的に考えると自衛隊は明らかに「違憲」と言えます。ではなぜ、通説的に考えた場合、自衛隊は「違憲」といえるのでしょうか?
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

日本「憲法9条と憲法改正」昔ばなし

憲法9条を改正するか改正しないかという改憲議論が巷で騒がれていますが、「憲法道程」の皆さんにも「憲法9条の改憲議論」が理解しやすいように、「憲法9条の改憲議論」の要点を昔話風にまとめてみたいと思います。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条に「攻めてきたらどうする」という批判が成り立たない理由

このページでは、憲法9条の改正に賛成する人が反対する人に対して好んで使う「攻めてきたらどうするんだ?」というフレーズが有害無益な主張だという点について論じています。
広告