9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

広告
憲法前文

「憲法9条では国を守れない」が間違っている理由

このページでは、憲法改正に賛成する人達の「憲法9条では国は守れない」という意見がなぜ間違っていると言えるのか、という点について論じています。
憲法の制定過程

憲法9条の戦争放棄を吉田茂首相はどう帝国議会に説明したのか

このページでは、憲法9条における戦争放棄について、制定当時の吉田茂首相は帝国議会で具体的にどのような説明をしていたのか、ということについて論じています。
憲法前文

サッカー代表戦でゴミ拾いするサポーターに見る憲法9条の理念

ワールドカップの試合後にスタジアムでゴミ拾いをする日本のサポーターの姿は、憲法9条の平和主義の理念を実現するために大きな参考になるのではないでしょうか?
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条の「戦争放棄」解釈における3つの学説の違いとは?

憲法9条における「戦争放棄」の解釈は憲法学的に考えると3つの学説に分けられます。具体的には9条1項で自衛戦争も含めた全ての戦争が放棄されているとする「全面放棄説」と、2項で自衛戦争が放棄されるとする「結局2項で全面放棄説」、芦田修正に重点を置いて2項でも自衛戦争は放棄されていないとする「限定放棄説」の3つです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条の改正が「国の原則」を変えることに気付いてますか?

このページでは、憲法9条を改正すれば国の原則を変更することに国民が承認を与えたことになり人権や国民主権の変更も容認される危険性があるということについて論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

「侵略戦争しないから9条は改正してもよい」が間違っている理由

憲法9条の改正に賛成する人の中には「日本は侵略戦争するわけじゃないから9条は改正してもよい」と主張する人がいますが、この意見は憲法9条の改正を正当化する理由としては成立しません。なぜなら、古今東西の「侵略戦争」は「自衛戦争」の名の下に行われているからです。
憲法の制定過程

憲法9条の戦争放棄と戦力不保持が日本人のオリジナルである理由

憲法9条はアメリカやマッカーサーの押し付けではありません。なぜなら日本政府がGHQ草案の提示を受ける前に松本委員会で「戦争放棄・戦力不保持・交戦権の否認」の3つの理念を議論していたことが国会図書館の公文書で立証されるからです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条を改正しなくても自衛隊の存続が許される理由

憲法9条が基礎とする積極的な平和主義は自衛隊の存在を許容しませんが、仮に憲法9条の改正がなされなかったとしても自衛隊が直ちになくなるわけではありません。なぜなら、「事情判決の法理」の手法を用いて理解すれば憲法9条をそのままにしても自衛隊を今のまま運用することは理論的に矛盾しないからです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

「自衛隊がなくなれば尖閣諸島を取られるぞ」が暴論である理由

憲法9条の改正に賛成する「改憲論者」は改正に反対する「護憲論者」に対して「自衛隊がなくなれば尖閣諸島を取られるぞ」と言いたがりますが、これははっきり言って暴言です。なぜなら、そのような危機を招いた張本人が憲法9条の改正に賛成する「改憲論者」の側にあるからです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

政府が憲法9条を「消極的な平和主義」と捻じ曲げて解釈する理由

憲法9条1項の「平和主義」は憲法「前文」で表明される「積極的な平和主義」を基礎とするものと解されていますが、政府や一部の改憲論者はことさらに憲法9条の平和主義を「消極的な平和主義」と解釈しそう国民にアナウンスしています。では憲法9条の平和主義をあえて「消極的な平和主義」と捻じ曲げて解釈する意図はどこにあるのでしょうか?
広告