憲法改正案の問題点

スポンサーリンク
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条に自衛隊を明記すると平和主義が平和主義でなくなる理由

このページでは、憲法9条に自衛隊を明記すると憲法の平和主義の基本原理(基本原則)が具体的にどのように変更されるのか、という点について論じています。
96条(改正の手続とその交付)

憲法を「時代に合わせて」改正するとファシズムや差別を招く理由

このページでは「時代に合わない憲法は改正すべき」「社会の変化に応じて憲法を改正するべき」という主張が本来的にファシズムや極右思想、差別を包含している危険があることについて論じています。
96条(改正の手続とその交付)

憲法は何を目的として改正されるべきなのか

このページでは、憲法とは何を目的として改正されるべきものなのか、憲法改正の目的について論じています。
憲法改正案の問題点

憲法が時代に合っていない…時代に合わせて…が詭弁と言える理由

このページでは「時代に合わなくなった憲法は改正すべきだ」と憲法改正を正当化する主張が詭弁と言える理由について論じています。
憲法前文

憲法9条の戦争放棄だけが北方領土の問題を解決できる理由

このページでは、北方領土問題の解決は、憲法9条の戦争放棄と憲法の平和主義の理念の下でしか解決することができないということについて論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

「平和ボケ」している人ほど憲法9条を改正したがる理由

このページでは、「平和ボケ」した人ほど憲法9条の改正に賛成したがるのは何故なのか、という点について論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条に国防軍を明記することがユートピア的発想と言える理由

このページでは、憲法9条の改正に賛成し憲法に国防軍や交戦権の明記することで国の安全保障が確保されると盲目的に信じることが如何にユートピア的発想に溢れているかということについて論じています。
憲法前文

憲法9条があると尖閣諸島を奪還できない…が間違っている理由

このページでは、憲法9条の改正に賛成する人が言う「憲法9条があると尖閣諸島を奪還できない」という主張が如何に論理破綻を起こしているか、という点について論じています。
1条(天皇の地位・国民主権)

憲法を改正して天皇を「元首」にするとなぜ危険なのか

このページでは、天皇を「元首」とする憲法改正がなぜ危険だと言えるのか、という点について論じています。
憲法前文

自民党の改憲案は「憲法改正」か、それとも「革命」か

このページでは、今議論されている憲法改正が「憲法改正」として許容されるのか、それとも「革命」となってしまうのか、という点について論じています。
スポンサーリンク