広告
憲法の制定過程

「憲法草案はGHQが1週間で作った」が明らかに嘘である理由

このページでは、憲法改正に賛成する人の中の多くの人が主張する「現行憲法の草案はGHQが1週間で作ったものだ」という主張がいかに嘘にまみれているか、という点について論じています。
憲法の制定過程

国民投票を経ていない現行憲法は制定手続に不備があるといえるか

このページでは、憲法改正に賛成する方による「現行憲法は制定過程で国民投票をしていないから手続き上の不備がある」という主張がいかに終戦直後の国民の意思を無視した詭弁であるか、という点について論じています
憲法前文

サッカー代表戦でゴミ拾いするサポーターに見る憲法9条の理念

ワールドカップの試合後にスタジアムでゴミ拾いをする日本のサポーターの姿は、憲法9条の平和主義の理念を実現するために大きな参考になるのではないでしょうか?
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条の「戦争放棄」解釈における3つの学説の違いとは?

憲法9条における「戦争放棄」の解釈は憲法学的に考えると3つの学説に分けられます。具体的には9条1項で自衛戦争も含めた全ての戦争が放棄されているとする「全面放棄説」と、2項で自衛戦争が放棄されるとする「結局2項で全面放棄説」、芦田修正に重点を置いて2項でも自衛戦争は放棄されていないとする「限定放棄説」の3つです。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条の改正が「国の原則」を変えることに気付いてますか?

このページでは、憲法9条を改正すれば国の原則を変更することに国民が承認を与えたことになり人権や国民主権の変更も容認される危険性があるということについて論じています。
憲法の制定過程

「侵略戦争しないから9条は改正してもよい」が間違っている理由

憲法9条の改正に賛成する人の中には「日本は侵略戦争するわけじゃないから9条は改正してもよい」と主張する人がいますが、この意見は憲法9条の改正を正当化する理由としては成立しません。なぜなら、古今東西の「侵略戦争」は「自衛戦争」の名の下に行われているからです。
憲法の制定過程

憲法の再検討を勧めたマッカーサー、それを拒否した日本人

日本の憲法はアメリカ(マッカーサー)に押し付けられたものだ、という意見がありますが、これは明らかに間違いです。なぜなら、新憲法施行時にマッカーサーや極東委員会から1年から2年以内に憲法を再検討して改正するよう促されたにもかかわらず、日本政府も国民も、一切改正の議論をせずに新憲法を受け入れている事実があるからです。
憲法道程の問題点

討論番組や国会中継だけでは正確な憲法知識が得られない理由

テレビの討論番組や国会中継では憲法に関する議論が活発に行われているように見えますが、それをいくら憲法道程が熱心に見たところで正確な憲法知識は身に付きません。なぜなら、テレビの討論番組や国会は所詮エンターテイメントの場に過ぎないからです。
憲法の制定過程

憲法9条の戦争放棄と戦力不保持が日本人のオリジナルである理由

憲法9条はアメリカやマッカーサーの押し付けではありません。なぜなら日本政府がGHQ草案の提示を受ける前に松本委員会で「戦争放棄・戦力不保持・交戦権の否認」の3つの理念を議論していたことが国会図書館の公文書で立証されるからです。
憲法の制定過程

GHQ草案は日本人が作った憲法草案の影響を受けている?

現在の日本国憲法はGHQが作成した憲法草案(マッカーサー草案)が基礎になり帝国議会の審議を経て成立したものと認識されていますが、それは何もその日本国憲法自体が「アメリカ製」ということを意味するものではありません。なぜなら、日本国憲法の基礎となったマッカーサー草案自体が、憲法研究会という日本人の民間グループで作成された憲法草案に大きな影響を受けているからです。
広告