広告
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条を改正して自衛隊を明記すると何がどう変わるのか

このページでは、自衛隊を憲法9条に明記すると自衛隊はどうなるのか。憲法改正で自衛隊や国民の権利義務、国の方針等に具体的にどのような変化が生じうるのかという点について論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

自衛隊を憲法に明記するだけで集団的自衛権が合憲となる理由

このページでは、憲法9条を改正して憲法に自衛隊を明記するだけで集団的自衛権が憲法解釈上論理的に「合憲」と解釈されることになる理由について簡単に論じています。
憲法道程の問題点

2019年にユニークな発言をした人たちとその概要一覧

このページでは、2019年にユニークな発言で物議を醸してくれた有名人とその発言の要旨についてまとめています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

集団的自衛権が日本国憲法で違憲と解釈されている理由

このページでは、集団的自衛権の行使がなぜ現行憲法で違憲と考えられているのかその理由について論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

砂川判決が集団的自衛権を合憲と判示した…が嘘と言える理由

このページでは、砂川判決が集団的自衛権を合憲と判断したという主張が司法判断を恣意的に捻じ曲げた傍論と言えることについて論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

砂川判決が個別的自衛権を合憲と判断した…が嘘と言える理由

このページでは砂川判決が旧日米安保条約に基づいて駐留する在日米軍の合憲性について「固有の自衛権」について言及したにとどまり「個別的自衛権」については何ら言及していない点について論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

砂川判決が自衛隊を合憲と判断した…が明らかに嘘と言える理由

このページでは「砂川判決が自衛隊を合憲と判断した」という政治家や(自称)知識人、タレントなどの主張が明らかな「ウソ」である点について解説しています。
21条(集会/結社/表現の自由)

行政不服審査や訴訟の権利が保障されれば人権侵害も許されるのか

このページでは、国が政策的な判断で法律を運用し国民の人権を侵害しておきながら「不服があるなら訴えればいいだろ」と開き直り憲法尊重擁護義務を無視し続ける政治家について論じています。
21条(集会/結社/表現の自由)

ジャーナリストの出国を禁止する旅券返納命令が違憲となる理由

このページでは、外務大臣(政府)が旅券法を恣意的に運用してジャーナリストに旅券の返納命令を行い出国を禁止する処分が憲法で保障された基本的人権を侵害する違憲性のある行為と言える点について論じています。
9条(戦争放棄・戦力/交戦権の否認)

憲法9条を改正して自衛隊を明記すると先制攻撃が可能になる理由

このページでは、憲法9条に自衛隊を明記することで自衛隊の先制攻撃が認められるようになる理由について論じています。
広告